博多織の千年工房




2017 干支献上 帯「酉」   



2017干支献上"

2017 干支献上帯「酉」

毎年恒例の干支献上。
独鈷華皿の献上柄の中に、干支のモチーフを配した縁起の良いオリジナル限定商品です。



※2017 干支献上帯「酉」 は2016年11月1日から、数量限定販売となっております。商品のお問い合わせは博多織の千年工房(092-283-8111)または、お問い合わせフォームよりお気軽にどうぞ。


 




来年の干支「酉」は、取り込む と云われ商売などに縁起の良い干支です。 そんな干支の漢字「酉」と卵の変容がデザインされた可愛らしい帯になりました。




2017年の干支は「丁酉」(ひのととり)。
丁は、人がおこす火を表し、酉は、親切さや世話好きといった意味があり、丁酉は、きめ細やかな気配りができる情緒豊かな特徴があるそうです。

 

「酉」の向かい干支は「卯」。江戸時代より、向かい干支を大切にすると幸運が訪れると云われています。
自分には無いパワーを与えてくれる「守り干支」とも呼ばれています。
※向かい干支「卯」の柄は、返しのところに入っています。帯結びをすると見えない箇所です。
ウサギの帯留を合せて、大きなパワーをゲットできるかも。



■2017 干支献上帯「酉」

価格:95,040円(税込・仕立別)
色:青系・白系  ※各色数に限りがございます。
八寸名古屋帯



独鈷柄の中には鶏。華皿柄の中には「酉」の象形文字。隠し柄は3つあります。
是非店頭でもお確かめください。